MENU

安樂寺の縁起


 東急目黒線「不動駅前」より徒歩3分のアクセスも便利で閑静な住宅街の中にある「松園山 寶林院 安樂寺」は比叡山延暦寺の直末にして、今より464年前足利義輝の時代弘治2年に大僧都良珊和尚が創建されました。
 当寺本堂は江戸時代に勅使が江戸に御参向の際、品川宿御旅館非常の節は、一時の避難場所に定められていました。
 そのため本堂は上段の間造で、薙形の高札を立てていました。昭和20年戦災により消失しましたが、檀信徒一致の協力により昭和30年復興し、現在の景観になりました。


 令和元年にライフスタイルの多様化に合わせて「樹木葬(自然葬墓地)」、「永代供養墓やすらぎ」、「永代供養付個別墓」、「永代供養付個別墓冥福五輪塔」、「五雲無常墓苑」を建立。
 宗旨宗派を問わず、すべてのお墓が年間管理費・護持会費も不要です。
 どのお墓も安樂寺が責任を持って供養・管理してくれるので、安心してお任せいただけます。

やすらぎ

「清潔さ、明るさ、豪華さ」にこだわって建立された美しいお墓です。

樹木葬

一般的な樹木葬と異なり、庭園風の明るく開放的なお墓です。

冥福五輪塔

永代供養墓でありながら個別に眠れる限定区画。

五雲無常墓苑

安樂寺では、新しい墓苑の形、新しいご供養の形を実現致しました。